京都賃貸HOME > 京都賃貸HOW TO > その他 > 1間ってどれぐらいの大きさですか?

京都賃貸HOW TO

その他

1間ってどれぐらいの大きさですか?

1間(イッケン)とは押し入れの大きさ。普通、畳の長いほうの辺を「1間」、短いほうの辺を「半間」と呼び、「押し入れ1間」と言えば、幅1間、奥行き半間の畳1枚分の大きさがあるのですが、この畳の大きさが違えば当然押し入れの幅や奥行きも変わりますし、マンションによってはもっと小さい場合(特に奥行きが狭い)もあるのです。

「このアパートは収納が『ハンゲン』ぶん付いていますよ。」
「開口部は『イッケン』。結構広いでしょう?」

私も、学生時代、地元京都の不動産屋さんのそんな説明に「イッケン」が一体何を表しているのか分からず、そのまま契約してしまったことがあります。
つまらぬことと言うなかれ、住まい関係の世界では、私たちが学校で習ってこなかったような長さや面積の数え方が、現在でも生きています。
聞いたことはあってもよく知らない、これらの尺度・『尺貫法』について、今回は考えてみたいと思います。

イッケン(1間)と言われてピンと来ることがなくても、「6畳」「4畳半」という言い方には馴染みがありますね。
現在、一枚の畳は、タテが約170~191センチ。ヨコが約85~95.5センチというサイズになっています。よく言われる『団地サイズ』や『京間(本間)』といった違いがあるせいで幅はありますが、基本的に畳1枚は、
『ひとが一人、寝そべって足りる面積』
だと言われています。
そのまま畳の上で大の字になってみると、畳1枚では足りず、2枚必要になりますが、その『畳2枚分』が、敷地の広さや建物の広さを表す『1坪』という広さとほぼイコールだとイメージすることができます。
一辺1.81メートル(正確には1.8181818...と際限なく続く)の正方形、約3.3平方メートル(平米)が『1坪』という広さです。

この正方形の一辺が『1間(けん)』(181.8センチ)
その半分が『半間(はんげん)』(90.9センチ)
半間を3で割ったものが『1尺(しゃく)』(30.3センチ)
1尺を10で割ったものが『1寸(すん)』(3.03センチ)になります。

お椀の舟に乗ることができた「一寸法師」は、およそ3センチ。1寸は親指の長さ、でもあります。
そんなふうに、人間の身体からうまれた「身度尺」が『尺貫法』の単位の基礎になっているのです(ちなみに尺貫法の『貫』、は重さを表す単位)。

昭和41年、<計量法>で尺貫法を取引や証明の計量に利用することは禁止され、正式図面等は、メートル法の表記が義務付けられています。

日常ではメートル法を使うことがほとんどなのに、「住まい」に関して今だ尺貫法が生き残っているのが何故かといえば、やはり『私たちの身体を基準にした尺度』、という柔軟さが生活の『ゆとり』につながるせいではないでしょうか。

京都賃貸Five

その他:他のHOW TO

京都賃貸HOWTOメニュー

賃貸物件を探す

京都賃貸Five 西院店

略地図 西院店

TEL / 075-316-2127
FAX / 075-316-2128
営業時間 / 9:30 ~ 19:00 定休日無
〒604-8847
京都市中京区壬生西土居ノ内町19
info@chintai-five.jp
年末年始は休業しております。

  • スタッフ紹介
  • ご来店予約

京都賃貸Five 京都駅前店

略地図 京都駅前店

TEL / 075-353-6570
FAX / 075-353-6571
営業時間 / 9:30 ~ 19:00 定休日無
〒600-8148
京都市下京区東洞院通七条上る
飴屋町239-2 七条烏丸東ビル1F
info.ekimae@chintai-five.jp
年末年始は休業しております。

  • スタッフ紹介
  • ご来店予約

スタッフ日誌

このページの先頭へ